top of page

【ANIMA】高音質化するストリーミングサービスに対応したハイレゾ・ロスレスコーデックの採用コンテンツシェアが可能な LE Audio 対応など機能を強化したモデル「ANW02」発売


株式会社ピクセルは、Hi-Fi イヤホンブランド「Acoustune(アコースチューン)」のサブブランドとなる、ワイヤレスオーディオ機器専門ブランド「ANIMA(アニマ)」より、VIA/TOY’S FACTORY 所属のサウンドプロデューサーTAKU INOUE の音質監修のもと、ハイレゾ・ロスレス品質の伝送や LE Audioなどの機能強化を施したモデル「ANW02」を、家電量販店・オーディオ専門店などにて、2023年7月28日(金)より発売致します。

なお、店頭展示・予約開始に先立ち、株式会社タイムマシンが主催するポータブルオーディオイベント「ポタフェス 2023 夏 秋葉原」7/8(土)、9(日)の二日間にわたり、会場にて製品版を先行試聴していただけます。



 

□製品概要

ANIMA ブランドの第一弾製品となる完全ワイヤレスイヤホン「ANW01」では、EQ やボイスをカスタムできる専用アプリ「ANIMA Studio」において、サブカルチャーを楽しむ方々を中心に市場での高評価を得て一定の地位を築きました。「ANW02」は高音質ストリーミングサービスに対応したハイレゾ・ロスレスコーデックの追加、LE Audio やマルチポイント接続を中心とした機能強化を行ったモデルとなります。

チューニングの面では前作の ANW01 に引き続き、VIA/TOY’S FACTORY 所属のサウンドプロデューサーTAKU INOUE が音質監修を行い、チューニングパターンを専用アプリ「ANIMA Studio(iOS/Android)」で設定、変更することができます。また、Advent Voice(操作時音声の着せ替え)機能を搭載し、こちらも ANIMA Studio アプリにて変更可能です。ANW02 は Acoustune のビジュアルアイデンティティを取り入れながら、より音質にフィーチャーしたモデルです。


□主な特徴

<Hi-Fi イヤホンブランド Acoustune による音響設計>

ANIMA の完全ワイヤレスイヤホン ANW02 は、母体となる Acoustune にて設計開発を行っています。TWS は今や日常生活において非常に密接なアイテムとなりました。特に音源のストリームサービスやデジタル販売において、ハイレゾ・ロスレス配信も一般的になってきており、基本性能だけでなく、今まで以上に音質が求められます。その中で ANW02 のサウンドはハイレゾクオリティ・高音質コーデックの再生による「アーティストがスタジオで意図したサウンド」をターゲットにしています。

音質特化型の有線イヤホンで使用されるダイナミックドライバーと同等の手法で振動版の設計開発を行い、また、DSP の利用による有線イヤホンにはできないアプローチで最適化を図り、目標のサウンドクオリティを実現しました。

機能面ではマルチポイント、マルチペアリング、オートペアリング、LE Audio への対応、従来の高音

質コーデック AAC/aptX に加え、aptX Adaptive(24bit/96kHz)、aptX Lossless (16bit/44.1kHz)コーデックや Snapdragon Sound に対応し、片側 2 つの MEMS 型マイク、IP56 の防塵防滴性能、外音取り込み機能を搭載しています。


<TAKU INOUE監修によるサウンドチューニング>

ANW02 の最終的なサウンドチューニングは、サウンドプロデユーサー・コンポーザー・DJ としても活

躍する【TAKU INOUE】が監修。TAKU INOUE 自らがチューニングを行った、ベーシックである「LATE NIGHT」、そして「TWILIGHT」、「DAWN」の 3 種類のチューニングパターンを、専用アプリ「ANIMA Studio(※iOS/Android)」にて設定することが可能です。


【LATE NIGHT:パターン 1(デフォルト)】

サブベースなど深めの低音がしっかりと鳴るように調整されたチューニング。

・TAKU INOUE コメント

「低域に重きを置いたチューニングです。深夜に大音量で音楽を聴いたときの、曲の世界にグッと入り込んでしまうような感覚を 24 時間味わえたらいいなと思っています!」


【TWILIGHT:パターン 2】

LATE NIGHT よりも少しだけ上の低域が出やすいように調整。バンドサウンドなども含めた幅広いジャンルに対応できるオールラウンダーです。

・TAKU INOUE コメント

「エレキギターやエレキベースの音がより丁寧に聴こえるといいなと思いながら調整したチューニング

です。楽しい昼を思い返しながら、あるいは素敵な夜に期待しながら、一日に一瞬しか訪れない貴重な夕方に聴く音楽のワクワク感を 24 時間味わいたい。そんな気持ちで調整しました!」


【DAWN:パターン 3】

低域と高域を少しずつ丸めたチューニングです。

・TAKU INOUE コメント

「夜明けまで遊んでから寝る時に、ちょっとだけ音や言葉が欲しい。穏やかな気持ちで、いつの間にかいい夢が見たい。そんなときにぜひ使ってみてください!」


<新開発「El-CoClear 振動板」&独自のデジタル信号処理「S.A.L.T.」>

TWS は有線イヤホンとは異なり、より様々な環境での使用を想定した設計が求められます。併せて、コントロール基板やバッテリーの搭載、他部品の実装も考慮しながらの小型軽量化など、求められる要素が多く存在します。

ANIMA は音響設計を進める中で「従来の TWS 用ドライバーでは目標とする基準への到達が難しい」と判断し、ANW01 においては専用ドライバーを設計開発しました。今回の ANW02 は、より“音質に特化”することを重点とし、高級有線イヤホンに使用されるドライバーと同等の設計要件を掲げて新たに開発されたダイナミックドライバーユニット「El-CoClear(エル-コクリア)振動板」を採用しました。

El-CoClear 振動板は、Acoustune の独自技術である「Mylinx(ミリンクス)ドライバー」の開発で培った知見をもとに、新開発されたΦ10mm 振動板です。高度な数値解析により設計された振動板、強力な磁束密度を備えるマグネット、最大限に効率を高める磁気回路、高級イヤホンにも使用される音質調整フィルターなどを吟味、選定することで、優れた特性を持つダイナミックドライバーが誕生しました。

さらに、SoC 内部の DSP をカスタムすることでダイナミックドライバーが持つ潜在能力を引き上げ、ドライバーの特性を最大限活かすことを目指し、従来品と比べ遥かに大容量かつ高速なフラッシュメモリの採用や測定・試聴などの地道な試行錯誤を行うことで最適化された独自のデジタル信号処理「S.A.L.T.」を開発。これにより、周波数特性のチューニングの自由度向上や最適化を、より高度に行うことを可能としました。


<Snapdragon Sound™と aptX™ Adaptive / aptX™ Lossless /aptX™ Voice に対応>

ANW02 は Qualcomm 社の高音質認証 Snapdragon Sound を取得しています。Snapdragon Sound 対応機器において類い稀なサウンドクオリティを実現します。ハイレゾ相当の「*¹aptX Adaptive (24bit/96kHz)」、CD クオリティのロスレス音質(16bit/ 44.1kHz)をBluetooth®技術で実現する「*²aptX Lossless」、最大 32kHz のサンプリング周波数に対応し、高音質な音声通話を実現する「aptX Voice」など、対応端末にて様々な高音質コーデックを使用することができます。


*¹aptX Adaptive は通信環境や使用状況に応じて、端末側から自動で判断して環境に合わせたモードが決定され、現時点ではユーザー側での任意の選択や動作時のモードを確認する方法はございません。予めご了承ください。

*²aptX Lossless に対応した端末や通信状況、使用状況に応じて端末側で自動で選択されます。音楽ソースが 16bit/44.1kHz であり、Wi-Fi 環境が 5G もしくはオフ、家庭やオフィスの屋内などで通信環境が良好な場合において自動で選択され、ユーザー側で任意に選択することはできません。また、現時点ではユーザー側で動作時のモードを確認する方法はございません。予めご了承ください。



<次世代 Bluetooth オーディオ規格 「LE Audio」およびマルチポイント接続に対応>

ANW02 は次世代の Bluetooth オーディオ規格「LE Audio」に対応しています。LE Audio に対応した端末はオーディオ共有機能によって、1 台の携帯端末に対して複数台の ANW02 を接続することが可能です。これにより友人、恋人、家族などと複数人で同時にコンテンツを体験できます。LE Audio の接続時は、通信の高品質性と低消費電力を兼ね備える「LC3 コーデック(Low Complexity Communications Codec)」が使用可能です。従来の SBC コーデックに比べて最大で 50%低いビットレートでも音質が向上します。これにより、ロングバッテリーかつ低遅延の通信が可能となりました。

従来の Bluetooth(Classic Audio)機能のマルチポイント接続・マルチペアリングにも対応しており、マルチポイント接続では ANW02 を最大 2 台の端末にペアリング、同時接続が可能です。例として、PC での動画視聴中に携帯へ通話があった場合でも、イヤホンをつけたままシームレスな応答と通話を実現します。



<約 14 時間の再生可能なロングバッテリー&無接点充電に対応したチャージングケース>

ANW02 は大容量のバッテリーを搭載し、イヤホン単体で約 14 時間の連続再生時間を実現、また、チャージングケースの利用と合わせて最大約 42 時間の連続再生が可能になりました。ANW01 で好評だった「パワーマネジメント機能」も引き継ぎ、使用状況に合わせて省電力化します。チャージングケースは無接点充電に対応しているため、ワイヤレスでの充電も可能です。大容量バッテリー・パワーマネジメント機能・無接点充電の 3 つにより、ANW02 はいつでもどこでもあなたに寄り添います。



<Acoustune の DNA を備えたデザインの採用&IP56 の防塵防滴性能>

ANW02 では、Acoustune のデザインアイデンティティを採用し、ダイナミックドライバー、バッテリー、基板などのレイアウトに人間工学を考慮したフィッティングの最適化を行いました。ST1000/2000 のカスタムシェルで培われたノウハウにより、長時間使用時の装着感や遮音性を高度な次元で両立しています。イヤホン本体は IP56 防塵防滴性能テストをクリアしており、粉塵や雨・汗などの水滴の侵入を防ぎます。幅広く様々なフィールドでANW02 をお楽しみいただけます。



<ANIMA 専用機能拡張アプリ「ANIMA Studio」>

ANIMA Studio は ANIMA 製品の機能を拡張する専用アプリです。ANIMA 製品の音質チューニングに、アプリ内でのシステム音声の購入や変更など、ユーザー自身でカスタマイズできます。


※iOS / Android 両対応。OS バージョン iOS 14.1 以上、Android 9.0 以上。


 

<販売情報>

ブランド:ANIMA

商品名:ANW02

予約開始:2023年7月14日(金)

発売日:2023年7月28日(金)

市場想定価格:¥33,980- (税込)



Comments


bottom of page